CDUについて

セブ医科大学付設 ESL Center

CDU ESLセンターはフィリピン最高の医科大学Cebu Doctor’s University付設の語学センターです。独自開発したESLコースは、フィリピン移民局に公式登録されております。セブ島留学の長所であるマンツーマン授業とグループ授業、TOEIC/IELTSなどのテスト対策プログラムやビジネス英会話などを含む選択授業から構成されています。

16991679 1326791980700140 208292456114043829 o 1024x768 - CDUについて
  • セブ医科大学生と同じ敷地にて生活し、学生が教室で学んだ英語をアウトプットできる機会があります。
  • 学校周辺は一般住民が住んでいないので、人・交通量は少なく、落ち着いています。
  • 学校目の前にカフェ、セブンイレブン、レストラン、マッサージショップ、ファーストフードがあり、とても生活に便利な立地です。
  • 徒歩5分にショッピングセンターとレストラン街あります。
  • 車で3分にジャパニーズヘルプデスクもあるUCメディカル病院がありますので、急患の時も安心です。
  • 講師の採用、トレーニングに自信があり、優秀な講師人が多いです。
  • 全部屋11帖の広さで、各部屋にトイレとシャワールームがセパレートにあります。
  • ボランティア、アイランドホッピング、日本語教室などアクティビティーが豊富です。
  • クリニックにて看護師が常勤、さらに学生の体調によりセブ医科大学から医師を呼ぶこともできます。
  • 目の前にタクシー乗り場があり簡単に乗車ができ、外出先からCDUと運転手に言えばわかるため帰宅が簡単です。
  • 空港から車で約20分。セブ市内と違い渋滞がほとんどありません。
  • 医療英語、空港インターンシップ、オーストラリアの大学への特別進学など、多彩なプログラムを提供しています。
  • 月に2回のレベルチェックテストがあり、英語力の進歩状況を細かく把握できます。
  • 夕食後の18時からは義務自習時間を1時間設定。CDUは「結果を出す学校」として、セミスパルタの学校です。
  • 24時間体制のセキュリティーガード2人、最新の指紋認証システムで学生の安全を管理しています。

学校の概要

学校名Cebu Doctor’s University ESL Center
住所Larrazabal Avenue, North Reclamation Area 6014, Subangdaku, Mandaue City, Cebu, Philippines.
連絡先+63-32-238-3754
日本オフィス03-6316-4396
ホームページhttp://cduesl.jp/
facebookhttps://www.facebook.com/cduesl.japanese/
設立2009年
資本日本・韓国
運営代表者柏木 修
校長Ms.Juvy nebz
認可 SSP認定校/ TESDA登録校
生徒数平均150人(最大200人)
国籍割合日本45%、韓国35%、その他20%(台湾・中東・ベトナムなど)
日本人スタッフ常勤
教室数198教室(完全個室 マンツーマンルーム)
チャイルドルームあり
コース一般英語、 TOEIC、IELTS 、ビジネス、医療英語、インターンシップ、短期コース、親子留学
レベル6レベル
最低年齢15歳から
学校設備クリニック、食堂、売店、カフェテリア、自習室、マッサージショップ、卓球台、バドミントン/バレーボールコート
Wifi環境建物全体(希望者にポケットWIFIを有料(300ペソ)にて貸し出しあり)
EOPあり
洗濯/掃除洗濯週2回/掃除週1回
門限平日22:00/休前日24:00
外泊エリアごとに許可
滞在方法学生寮(内部)/ホテル滞在
定期テスト第2金曜日、第4金曜日
部屋 設備温水シャワー、トイレ、机、椅子、エアコン、扇風機、冷蔵庫、ベッド、クローゼット、洗面所、WIFI環境

最新情報